本文へスキップ

見出し校長室

ごあいさつ

三学期始業式にて
                              芽室町立上美生小学校 校長 松井 眞治


 明けまして、おめでとうございます。今年も宜しくお願い申し上げます。
 本校では、25日間の冬休みが明けて、今日から三学期が始まりました。全校児童全員、元気に登校し、学校全体に明るい笑い声が響き、校舎は正に息を吹き返したかのようです。
 始業式では、全校で校歌を歌った後、@新年に当たって A三学期について B「ありがとう」についての三つの話をしました。
 @では、「十二支で今年は何年でしょうか?」と聞くと、「ねずみ年」と子どもたちから返ってきました。中には、十二支をしっかり覚えている子もいました。 「ネズミは、何番目に神様のところに着いたでしょうか?」と聞くと、「一番目!」・・・十二支のお話は、1・2年生が学習発表会の劇で熱演してくれたので、みんな知っていたようです。「そうです。一番目です。だから、今年は新しいサイクルのスタートなのです。今年は未来に向けて大いなる可能性を秘めた年なのです。植物に例えると、種子が膨らみ始める年です。皆さんにはすばらしい未来が待っています。是非、大きな目的をもち、それに向けた目標を掲げ、少しずつ成長していって下さい。二学期にもいいましたが、何事も自分から進んで取り組んでいきましょう。」という内容でした。
 Aでは、三学期は全部で71日、お休みが28日なので、登校日は43日であること。この間に今年のまとめをすること。1学期や2学期に学んだ事は、どれだけ覚えているか、どれだけ理解出来ているかなどを振り返り、得意なことは更に伸ばし、苦手なことは復習しておくこと。鉛筆が正しく持てているかや、人の話を心で聞いて「ふむふむ名人」、自分の頭でしっかり考えて「よくよく名人」、人の手本になるように行動して「きらきら名人」を完成させることなどの確認。そして、4月から進級や進学をするための心の準備をすること。等を話しました。
 Bでは、「ありがとう」と言われるととってもうれしくなること。「では反対の言葉は何でしょうか?」と聞くと、「ごめんなさい」・・・。正解は「当たり前」で、目が見えることや耳が聞こえること、手足が動くことが当たり前。太陽が昇ったり沈んだりするのも当たり前。食事や息ができるのも当たり前・・・。ありがとうとは、「有難う」と書き、有ることが難しいと言う意味。だから、日々のいろんな事は、当たり前ではなく、実は奇跡の連続であること。生きていることに感謝。目の前にいる物やある物すべてに感謝の気持ちをもって過ごして欲しい。という感じの内容でした。
 この後、児童会副会長からの挨拶。そして、1〜6年生の代表一人ずつから、「冬休みの思い出と三学期に頑張りたいこと」が元気よく発表されました。
 とってもよい三学期のスタートを切ることができました。




学校だより

  • 平成31年度(令和元年度)
 1月号(令和2年1月31日発行)
 12月号(令和元年12月20日発行)
 11月号(令和元年11月29日発行)
 10月号(令和元年10月31日発行)
 9月号(令和元年10月4日発行)
 8月号(令和元年8月30日発行)
 7月号(令和元年7月25日発行)
 6月号(令和元年6月25日発行)
 5月号(令和元年5月24日発行)
 4月号(平成31年4月26日発行)※裏面は個人情報の記載があるため掲載しておりません。

  • 平成30年度
 3月号(平成31年3月22日発行)
 2月号(平成31年2月28日発行)
 1月号(平成31年1月31日発行)
 12月号(平成30年12月21日発行)
 11月号(平成30年11月30日発行)
 10月号(平成30年11月2日発行)
 9月号(平成30年9月28日発行)※裏面記載の「バス通学の約束」はこちらからご覧頂けます。
 8月号(平成30年8月31日発行)
 7月号(平成30年7月24日発行)
 6月号(平成30年6月27日発行)
 5月号(平成30年5月24日発行)
 4月号(平成30年4月27日発行)※裏面は個人情報の記載があるため掲載しておりません。


Kamibisei Elementary school芽室町立上美生小学校

〒082-0384
北海道河西郡芽室町上美生4線38番地
TEL  :0155-66-2009
FAX  :0155-66-2069
Email:staff@@kamib-es.memuro.net
※@は1つです。(スパムメール対策)